Spotlight

Watching Tides、'Have You Seen'を公開

ドイツ/ベルリン拠点のオルタナティヴロックバンド Watching Tidesが、1/20にThis Charming Man Recordsからリリースしたニューシングル 'Have You Seen'を公開!

Watching Tidesは Julian Gutsche, Konrad Reichel, Martin Jagerの3人組。2021年発表のデビューアルバム『We've Been So Close // Yet So Alone』が素晴らしかったバンドですね。

Krank, Hystereseなど今でも良いバンドを数多く輩出するレーベル This Charming Manの中でも、Watching Tidesが一番好き。

はっきりとEMOだけしか聴かない!って気持ちも時期も当時なかったはずなのに、この音が好きでこの音を聴いて育ってきたんだなーって毎回思いますね、こういう曲を耳にすると。Vagrant, Jade Tree, Deep Elm, Better Looking, Tree Records...みたいに奥の方の引き出しから単語がぶわーっと出てくる。

 

“"Have You Seen" is a song about the impact of the pandemic. Sometimes, after a nightmare, even though it's hard to remember what you dreamed, you're left with this uneasy feeling in your gut. A feeling of shame, guilt and unease that can't be defined exactly. This is the feeling that the pandemic triggered in me. An almost constant burden that comes with the fear that realities of life and bonds with other people have changed forever, hopes, dreams and goals are constantly questioned and a certain lightness has been lost.”

"Have You Seen"は、パンデミックの影響について歌った曲です。悪夢を見た後、何を見たのかなかなか思い出せないのに、心の中にこんな不安な気持ちが残ることがあります。恥ずかしさ、罪悪感、そして正確には定義できない不安感。これは、パンデミックが私の中で引き金となった感覚です。人生の現実や人との絆が一変し、希望や夢、目標が常に問われ、ある種の明るさが失われてしまうのではないかという不安からくる、ほとんど絶え間ない重荷のようなものです。

 

Have You Seen
Watching Tides
This Charming Man