Spotlight

エジプトのコンポーザー Maurice Louca、'The Leper'を公開

エジプト/カイロ出身のジャズコンポーザーで複数のバンドリーダー(Bikya, Alif, Dwarves of East Agouza)を務める Maurice Loucaが、12/12にNorthern Spy Recordsからリリースしたニューシングル 'The Leper'を公開!

2/1発売のアルバム『Elephantine』の先行シングル。サイケデリックに絡み合うアンサンブルが徐々に熱を帯び始めて5分過ぎに炸裂する鮮やかなグルーヴ。100点!

禁止されていた欧米のロックが入ったカセットテープを学校の友達と密かに交換しあってた時期、フリージャズ、アヴァンギャルド、エレクトロなどへ徐々に関心を深めながらアラブ圏の大衆音楽 シャアビにそれらを盛り込むチャレンジ精神、アラブの春とそれ以降のDIYシーン。

一般的なライブイベントを開催するのに賄賂と報酬、政府に対する14の許可申請が必要で。でも何百万人がいる大都市に会場は10ヶ所ほどしかない現状。字面とちょっとした映像でしか知らないから分かったふりをするつもりはないけど、少なくともこの曲(日本語で「のけ者」の意)を聴いて人間のドラマを感じました。圧倒的です。

The Leper
Maurice Louca
Northern Spy