NEW

オルタナ・ポップアーティスト Lewis Coleman、'Good Side'のMVを公開

Lisa Businovski

オーストラリア/メルボルン拠点のマルチインストゥルメンタリスト Lewis Colemanが、8/7にIvy League Recordsからリリースしたニューシングル 'Good Side'のMVを公開!

ディレクターは Jack Ralph。

ファンク・ソウルバンド The Cactus Channel, Fridaで活躍したメンバーのソロ名義で、'Good Side'は11/20発売予定のデビューアルバム『Method of Places』先行曲。

インディーロック、エレクトロニカ、ジャズ、ソウルなど自身のキャリアの中で横断してきた要素が違和感なく混ざり合う没入型のポップソングですね。しかもレーベルが数々の優れたアーティストを輩出してきた Ivy League (Rolling Blackouts CF, A. Swazye & the Ghosts, Hatchie)ってことで要注目です。

 

Good Side
Lewis Coleman
Ivy League