Spotlight

ささいな魔法を感じさせてくれるインディーポップバンド Jaunt、新曲 'Machined'を公開

Devon Little

カナダ/トロントを拠点とするインディーバンド Jauntが、10/27にリリースしたニューシングル 'Machined'を公開!

バッキングボーカルは Caitlin Woelfle O'Brien (Blunt Chunks), Eliza Niemi (Mauno)。

静かで真っ暗な部屋に少しずつちいさな明かりが灯るような佳曲。Usher, Alicia Keysを引用したArthur Russell風味のベッドルームポップ、書いてる自分でもよく分からないそれを聞かせてくれたEP『Chat』の鮮やかな発想力は、もっとすごいところへ向かっているようです。

昨年は Sean Nicholas Savage, Homeshakeとの共演のほかに、Charlotte Day Wilsonのバックバンドとして一部メンバーは活動してたので大忙しだったっぽいですが、来春にはこの曲を含む新作を発表予定です。

"'Machined' deals with the reluctant acceptance of the inevitable. It’s sort of like recalling a memory you’d like to forget, over-analyzing it to the point of uncertainty. It’s both pretty and jarring, building gradually only to fall apart quickly. We wanted "Machined" to be jerry-rigged together, pulling from our range of influences with enough collective glue to sound cohesive. It feels focused and refreshing to us."