Spotlight

Bishopskin、'Hey Little Sister'を公開

Spela Cedilnik

 

イングランド/ロンドン拠点のオルタナティヴフォークバンド Bishopskinが、5/4にIsolar Recordsからリリースしたニューシングル 'Hey Little Sister'を公開!

Bishopskinは、ボーカリスト・アーティスト Tiger Nicholson、ギタリスト James Donovan (ex-HMLTD)によるプロジェクトとしてロックダウン中に始まり、現在は Tabitha Avanzato, Tati Gutteridge, Hana Miyagi, James Moss, Alex Prete, Matt Baker, Adam Brownを含む9人組として活動してます。

ブリティッシュフォーク、ブルース、パンク、19世紀のロマン主義と中世の賛美歌すら取り込む独自のサウンドで、これまでに Opus Kink, Wooze, Peeping Drexels, Saint Leonardと共演してます。

'Hey Little Sister'は年内発売予定のデビューアルバム収録曲で、エンジニア・プロデューサーは Nat Ridley (Tenderhost)、ミックスは Jake Cartwright (Jockstrap)が務めてます。

The Long Facesと並んで今気になるバンド。

アヴァンギャルドな音の割にめっちゃポップで聴きやすいし、なんとなく Fat White Family, HMLTD人脈のつながりというより、Tom Waits, Leonard Cohenの流れでレコメンドされたり見つかったりしたら幅広い聴衆を獲得する可能性を秘めてると思います。なんとなくのニュアンスね。

 

“The verses are for my twin sister. When writing it I had this image of us as little children in a big row boat straining on bending oars against this Enormous Green marbled sea. The Chorus is from a story a friend told me about when he was a choir boy around Ten years old. Before a concert in an evening service at church, the boys were playing in the graveyard. One thing led to another and gentle play turned to ruff and tumble turned to pushing and punching turned to a pretty violent brawl. Things got out of hand till the Vicar came out and put an end to it with a whack and a shout and all the little lads were piled in the back to put their white surplice robes on before they sang sweetly to the congregation.” - Tiger Nicholson

この詩は私の双子の妹のためのものです。この詩を書くとき私たちは小さな子供で、大きな手漕ぎボートに乗ってこの巨大な緑色のマーブル模様の海に向かってオールを曲げて力んでいる姿を想像していました。コーラスは、友人が10歳くらいの時に合唱団員だった時の話からとったものです。教会の夕方の礼拝でコンサートをする前に少年たちは墓地で遊んでいました。あることがきっかけで穏やかな遊びが荒れ狂い、押し合いへし合い、殴り合いとなり、かなり激しい乱闘となりました。牧師が出て来て叩きと叫びで止めを刺すまで事態は手に負えなくなり、子供たちは皆後ろに積まれて白い聖衣を着せられ、会衆に向かって甘美な歌を歌いました。- Tiger Nicholson