NEW

Underworldがハウス・ミュージックのゴッドファーザー Frankie Knucklesの人生と音楽に敬意を表したMVを公開

 
アンダーワールドが、フランキー・ナックルズの一周忌となった昨日3月31日に、彼の人生と音楽を称え、同じく〈Junior Boys Own〉所属のファーリー&ヘラーと初めてコラボし完成させたシカゴ・ハウスのクラシック「Baby Wants To Ride」カバーのミュージック・ビデオを公開!

今回のプロジェクトに参加した理由について、アンダーワールドのメンバー、リック・スミスは「ハウス・ミュージックのクリエイターとして、僕らはフランキーに大きな恩義を感じているよ。カールと僕はずっとフランキーを”源泉”と見てきた。アンダーワールドとして、僕らは常に彼の”川”を泳いできたんだ」と語っている。

なお「Baby Wants To Ride」は、デジタル・リリース及び限定盤12インチの形態で〈Junior Boys Own / Beat Records〉によってリリースされ、収益は全てフランキー・ナックルズ基金に寄付される。なお、フランキー・ナックルズ基金は、エルトン・ジョン・エイズ・ファンデーションの活動の一環である。


Frankie Knuckles Fund for the Elton John AIDS Foundation
フランキー・ナックルズ基金に寄付をしたい方は以下のサイトから。
http://www.ejaf.org/london/campaigns/frankie-knuckles-fund/

エルトン・ジョン・エイズ基金について
エルトン・ジョン・エイズ基金は、関する世界で最も規模の大きなエイズ関連民間団体の一つ。過去21年間で30億ドル以上の寄付を集め、四大陸に渡る1200以上のプロジェクトをサポートしている。また本基金は、プログラム・パートナーが35.5億ドルを集め、何百万人もの感染者およびHIVのリスクに侵された人々に援助する手助けをしている。