Spotlight

ノルウェーのチャーミングなSSW、Terje Torkellsenが新曲 'Sean'を公開

Emil Kjærnli

ノルウェー/オスロを拠点に活動するシンガーソングライター Terje Torkellsenが、10/19にSellout! Musicからリリースしたニューシングル 'Sean'を公開!

ソロとは別に Pamface, Mats Wawa, Plooms, Hockney, Geetarのバンドメンバーとしても活動している人です。

以前取り上げたSoundCloudのアカウントでは、Lo-Fiでスケッチ風の質感を持ちながらも「いやいや出るとこ出たら出ると思うよ」っていう珠玉のメロディを不定期にアップしていたので、こうやってきちんとした形で世に出てくれたのが非常に嬉しいです。

この曲も前述の曲の中のひとつで、タイトルのとおり彼にとってのヒーローだという Sean O'Hagan (the High Llamas, Stereolab, Microdisney)へのオマージュを捧げたものになってます。親しみやすいメロディとサイケを散りばめたアンサンブル。素敵です。

Terje Vea Torkellsen - Sean O'Hagan

"I’m extremely influenced by Sean O’Hagan’s music. This is my attempt at emulating his harmonic colors and instrumentation, while the lyrics convey the feeling of being sonically wrapped inside of the song. A feeling of being there – inside the song, as if the song was a neighborhood you could stroll through. It’s also a kind of salute to how a simple tune can be a truly wonderful thing." - Terje Torkellsen

Sean
Terje Torkellsen
Sellout! Music