Spotlight

オルタナ・ポップアクト Stevie Wolf、'Ink'を公開

コロラド州ボールダー出身のシンガーソングライター Stevie Wolfが、5/1にit's gonna be okay Musicからリリースしたニューシングル 'Ink'を公開!

半年前から活動を再開した折衷的なスタイルが段違いに魅力的なメロディーメイカー。軽やかに歌う「I ain't got ink, but I got scars you'll never see」の一節に心を掴まれて頭から離れないです。

Stevie B Wolf名義を経て2017年末に自主で発表したデビューシングル 'Who'でブレイク、続くシングル2曲も軒並みヒットし2018年を駆け抜け、エージェントとマネージャーを付けて更にサクセスストーリーを歩んでいこうとしていた矢先に、クリエイターとしての自分に疑問を感じうつ病と薬物乱用の負の連鎖に陥りチームを失います。心の健康を回復するためにコロラドの実家に戻り、音楽が現状打破できる唯一の方法だと気づき父親の地下室でデビューEPを書き、今こうして戻ってきました。

というわけで、歌が示す意味とは異なるけど「I ain't got ink, but I got scars you'll never see」が妙に胸を打つんだよな。

 

“This song is kind of a mix between a love song and a fear song: afraid of falling in love, afraid of being too emotionally scarred for someone to love, thinking about the different kinds of marks and scars that we carry with us from the past. My ex was all tatted up, and it got me thinking about how maybe we're all tattooed, but some of us on the inside. To me, this song was kind of written in an act of self-care and confession. Like I was in this relationship and carrying around these anxious thoughts in my head, and the song just came out in a flit of inspiration.”

 

Ink
Stevie Wolf
it's gonna be okay