NEW

インディーポップバンド Divest、'Something's about to change'を公開

Johnny Jaswe Hyunh

ノルウェー/オスロ拠点のインディーポップバンド Divestが、6/11にSellout! MusicからリリースしたEP『Mercury Retrograde』より、'Something's about to change'を公開!

Divestは Andreas Heinesen Kase (Pelicat), Hans-Ole Sponberg Hansen (
Kniv & Gaffel)によるバンド。昨年にデビューアルバム『Time Well Spent』をリリースしてます。

収録されている4曲どれも良いのですが、ラストのこの曲は見過ごされたまま数十年経ったのちに掘り返されて評価される気がしたので今のうちにピックアップしました。

曲のメインになるメロディが思い浮かんでから完成品に至るまでの行程で純度が落ちなかったんだろうなーって思います。不純物ゼロの直球インディーポップ。

 

“In one joyful and inspiring hour we wrote the song Something's about to change. We had been writing songs separately for a while and wanted to come up with something from scratch in the studio. Hans-Ole sat down by the Juno-106-synth while I was jumping around with a Sm57 vocal mic in my hand. The song ends the EP in a cheerful manner, filling the listener with hope after a journey through the dark.”