NEW

オルタナポップ・アクト Bad Heather、'Her Sorry'のMVを公開

ユタ州出身のミュージシャン Porter Chapmanによる名義 Bad Heatherが、1/15にWonderwild Recordsからリリースしたニューシングル 'Her Sorry'のMVを公開!

グラミー賞にノミネートされた音楽教育者・プロデューサー・サックス奏者 Caleb Chapmanを父に持ち、幼少の頃からドラムを始め中学校を卒業する前の時点で Steve Smith (Journey), Dave Weckl (Robert Plant, Paul Simon), Bernie Dresel (Brian Setzer)とのメンターシップセッションを経験。そして The Moth and the Flameのツアードラマーを務めたことを皮切りに、The Killers, Neon Trees, the Dave Matthews Bandのライブにサポートメンバーとして参加。

この輝かしいキャリアの陰で作詞作曲とプロデュースへの情熱を燃やして良い曲書いて、Mindy Gledhillが共同主宰するレーベルから出てくるんだから素晴らしいですよね。今後が楽しみ。

 

“I wrote "Her Sorry" about my toxic ex. I was done with all of her drama, her lame excuses for being terrible to me and everyone around her. She was hedonistic to the point of being a sad cliché. Needless to say, I don't miss her. This is one of the most direct songs I've ever written, but who doesn't want to tell their terrible ex to fuck right off? The chorus is light and bubbly because I'm stoked to be rid of her. There's also a hardcore punk vibe to the track. I thrashed the drums really hard on this one.”

 

Her Sorry
Bad Heather
Wonderwild