Chicago

[NYP] シカゴのLo-Fiポップバンド thanks for comingが新作『welcome to the post-dadcore revolution』を発表

イリノイ州シカゴ出身のRachel Brown、Nate Amos (This is Lorelei, Opposites)、Lindsey Sherman (Not For You)の3人によるバンド thanks for comingが、12曲入りのニューアルバム『welcome to the post-dadcore revolution』をname your priceで発表!

Rachelのリリースペースを見る限り、ブルックリンのコレクティヴ The Epoch周辺アーティストの中でも、日記を書くように曲を作る Frankie Cosmosに近い雰囲気を感じます。