Cuba

夏に合うゾ!キューバの女性ヴォーカリスト Dayme Arocenaが7月発売のデビュー作から新曲&ライブ映像を公開

Dayme Arocena

 
 
こちらは、7/8発売のデビュー作"Nueva Era"に収録されている'Madres'のライヴ映像と、'Don't Unplug My Body'。


音楽的に何が必要かをちゃんと自覚している本格的なアーティストさ。
彼女の純粋さが大好きで…そうダイメは本物なんだ!
― ジャイルス・ピーターソン

弱冠22歳にしてキューバの音楽シーンでカリスマ的存在感を放ち、国際的な知名度も急速に高めているダイメ・アロセナ。自身のレーベル やラジオ番組を通して、ホセ・ジェイムズ、ザラ・マクファーレン、ディグス・デューク、グレゴリー・ポーターなど数々の卓越したシンガーを、発掘・サポートしてきたジャイルス・ピーターソンぞっこんの天才ヴォーカリストだ。

ジャイルス・ピーターソン主宰の〈Brownswood Recordings〉の人気コンピレーション・シリーズ『Havana Cultura』の最新作『Havana Cultura Mix - The Soundclash!』にヴォーカリストとして参加し、その才能に惚れ込んだジャイルス・ピーターソンの声がけで、ソロ・アーティストとしてのデビューが決定。

キューバを拠点に、8歳より歌手活動を開始し、御大ウィントン・マルサリスとも共演経験のあるダイメの、22歳とは思えないほどソウルフルで「本物」な歌声は、憧れの存在であるエラ・フィッツジェラルドやビリー・ホリデイを彷彿とさせると高く評価されている。

またクラシックやキューバの宗教音楽サンテリアをバックボーンに持ち、シンガーの他にもアレンジャー/作曲家/合唱指揮者としても才能を発揮している。


ロンドンとハヴァナでレコーディングされたデビュー・アルバム『Nueva Era』は、彼女のエレガントな魅力ぶりが際立つ作品。

人気ドラマー、リチャード・スぺイヴンとともにUKジャズを牽引する実力派ピアニスト、ロバート・ミッチェル、ダラータ諸作を筆頭にクロスオーバー・ジャズ界から重宝される名パーカッショニストのオリ・サヴィル、ベースには、ホセ・ジェイムズの初期作品を支えた名手ニール・チャールズを揃えた世界水準のミュージシャンから成るバックバンドに支えられ、ジャイルス・ピーターソンと、長年ジャイルスのプロダクション・パートナーを務めてきたシンバッド、そしてダイメ・アロセナ自身がプロデュースを手掛けている。

デビュー・アルバム『Nueva Era』は、ボーナストラックにはスタンダード・ナンバー「Cry Me a River」のカバーを収録し、7月8日(水)にリリース。iTunesでアルバムを予約すると「Madres」「Don’t Unplug My Body」の2曲がいちはやくダウンロードできる。

RELEASE

Nueva Era [国内盤]
Dayme Arocena
BEAT / BROWNSWOOD
2015.07.08

Amazon
Apple Music&iTunes

To Top