Cuba

キューバの女性ヴォーカリスト Dayme Arocenaがピーター・バラカン監修の音楽フェスティバルに出演決定

Dayme Arocena

 
 
こちらは、7/8発売のデビュー作"Nueva Era"に収録されている'Madres'のライヴ映像と、'Don't Unplug My Body'。


弱冠22歳にしてキューバの音楽シーンでカリスマ的存在感を放ち、数々の卓越したシンガーを、発掘・サポートしてきたジャイルス・ピーターソンもぞっこんの天才ヴォーカリストが、昨年よりスタートしたピーター・バラカン監修の音楽フェスティバル”LIVE MAGIC”に出演することが決定した。

キューバはまさに今新時代(Nueva Era)を迎えようとしていますが、
ダイメはそれを記念するかのように登場してきた強力な歌手です。
ボーナス・トラックにまで痺れました!
― ピーター・バラカン(ブロードキャスター)


Peter Barakan's “Live Magic!” 2015
日程:2015年10/24(土)、25(日)
会場:恵比寿ガーデンホール/ガーデンルーム
More info: http://livemagic.jp/


ジャイルス・ピーターソンによるハヴァナ・カルチュラ・プロジェクト『ハバナ・カルチュラ・ミックス-ザ・サウンドクラッシュ!』にヴォーカリストとして参加し、その才能に惚れ込んだジャイルス・ピーターソンの声がけで、ソロ・アーティストとしてのデ ビューが決定したダイメ・アロセナ。

キューバを拠点に、8歳より歌手活動を開始し、御大ウィントン・マルサリスとも共演経験のあるダイメの、22歳とは思えないほどソウルフルで「本物」な歌声は、憧れの存在であるエラ・フィッツジェラルドやビリー・ホリデイを彷彿とさせると高く評価されている。

またクラシックやキューバの宗教音楽サンテリアをバックボーンに持ち、シンガーの他にもアレンジャー/作曲家/合唱指揮者としても才能を発揮している。

ビリー・ホリデイ、エラ・フィッツジェラルドを継ぐキューバの秘宝、ダイメ・アロセナのデビュー・アルバム『Nueva Era』は、いよいよ明日リリース!日本盤用ボーナストラックにはスタンダード・ナンバー「Cry Me a River」のカバーが収録される。

RELEASE

Nueva Era [国内盤]
Dayme Arocena
BEAT / BROWNSWOOD
2015.07.08

Amazon
Apple Music&iTunes

To Top